アロマスクール&サロンCabone

Cabone(かぼね)は「香母音」と書きます。
大分県臼杵市はカボスが特産。その臼杵から発信するアロマテラピーということで
香母酢(カボス)から。また、家族のためにアロマテラピーを使ってほしいという願いを「母」に込めて。
アロマテラピーをしていく中で、色々な人や活動と響き合ってハーモニーのように広がってほしいという想いから「音」をつけ、香りの母の音

「香母音」=Cabone かぼね

と、名づけました。


身近な家族に

医療、介護、福祉の現場に

根拠のあるアロマテラピーが、安全で役立つ形で広がっていくように活動をしています。

また、

心と体、人と人、人と自然
一人とみんな、人と環境

「つながり」を意識したテーマにて講座やイベントを行っています。

香りで心、身体を整えていきましょう。




【お問い合わせ先】

●臼杵本校 (NARDアロマテラピー協会 認定校)
大分県臼杵市北海添6組

定休日:不定休
営業時間:10~17時


こちらから、お気軽にお問合せください(^^)
080-3942-1840 ←サンキュー世に癒しを♪ と覚えてください。笑
cabone-aroma☆softbank.ne.jp(☆を@に変えてご利用ください)

 


講師・セラピスト プロフィール

こだま りえか 

アロマスクール&サロンCabone (かぼね)

※臼杵にて2009年より講師活動を始める。(大分校は 2015年10月28日開校~2018年10月31日閉校)

幼少の頃アトピーがあり、すぐ風邪や頭痛がする子どもでしたので、体の造りや仕組みなどに興味を持っていました。大学では人の心の不思議さ不可解さを学びたいと社会心理学・心理学を専攻。「心と体は繋がっている」ことを感じ、心だけでも体だけもない全てをバランスよくつなげていく必要性に至ります。そんななか、社会人になってから留学したオーストラリアでアロマテラピーに出会います。帰国後、フランス・ベルギーで発展したメディカルなアロマテラピーが学べ、イギリスで発展したホリスティックな(人を全体としてとらえる)視点を得ることができるナード・アロマテラピー協会でアロマテラピーを学ぶことに。
そして現在は

「日常に使え、社会的に役立つ形で、根拠あるアロマテラピーを伝えていく活動」
「バラバラになっているものを統合していく。つなげていく」ことを意識したテーマで講座やイベントを行っています。


■アロマテラピーの活動

・大分アロマテラピーセミナー 主催 2015年~

・クルール大分 アロマ日和(コラム)2013年~2018年現在も掲載中

・虹の香友会 大分支部 2016年~
  …九州にリアルアロマテラピーを広める会

・保育園・子育て支援施設にてベビーマッサージ
・介護施設のボランティア、職員の方へのレッスンを  通じて「触れ愛」をお伝えしている
・病院、小学校などでのアロマテラピー講座
・企業さんと提携、アロマ*タクシーで香りの監修 2017年


・コスモス病院
・津久見市役所
・下ノ江小学校
・臼杵小学校
・市浜小学校
・佐伯小学校
・カトリック臼杵幼稚園
・子育て支援施設よいこのへや
・野津 童
・臼杵市 野津 子育て支援

など公共施設

企業様でのレッスンも承っています。


■取得資格等

 NARD JAPAN認定 トレーナー

 NARD JAPAN認定 セラピスト・トレーナー

 浅井隆彦認定 介護アロマ・コーディネーター

 ベビーマッサージインストラクター

 浅井式スポーツアロマケア コンディショニング 【Ⅱ】

 二子渉「地球に幸せを広げるカウンセラーコース」終了


趣味は歌うこと♬